TrueNorthダイビングショップ・スクール/ドルフィンスイム(イルカ)/aware

女性 初心者 一人でも安心安全ダイビングショップTrueNorth浦安
HOME > 環境保護活動
環境保護活動

aware

プロジェクトAWARE について AWARE 財団とは?

使命
プロジェクトAWARE 財団は、教育、運動支援、行動を通して水中環境を保護します。
プロジェクトAWARE 財団とは
プロジェクトAWARE 財団は、スクーバ・ダイビング業界をリードする非営利の環境保護組織です。プロジェ クトAWARE 財団のオフィスは、アメリカ合衆 国、イギリス、オーストラリア、スイス、日本にあり、世界 の175 の国の水中資源の保護に協力しています。

活動内容
プロジェクトAWARE 財団は、ダイバーや水辺の環境保護に興味のあるボランティアの方たちとの協力体制 で水中環境問題に取り組んでいます。私たちは、ボ ランティアの方たちとインターナショナル・クリーンナッ プ・デイやジンベイザメ・プロジェクトのような実際の環境活動に取り組んでいます。プロジェクト AWARE は、ダイビング教材に水中環境保護のメッセージを組み込むことでの啓蒙活動やプロテクト・ザ・ シャーク、プロテクト・ザ・リビング・リーフ、 AWARE キッズなどの理解と教育のキャンペーンを実施して います。財団の助成金プログラムは、財団が優先課題としている問題に対する草の根の環境活動や ボランティ アで行われている地域社会での環境活動や重要な研究活動に対して皆さんからいただいた寄付金で資金の供給 を行っております。

歴史
スクーバダイバーは、水中世界を直接見ることが出来るというユニークな特徴を持っており、水中環境が直面 している危機を誰よりも先に見ているのです。 Professional Association of Diving Instructors (PADI) は、1989 年に水中環境保護におけるダイバーの役割の強調と水中環境保護推進グループの結成のた めにAWARE - Aquatic World Awareness, Responsibility and Education/ 水中世界の認識、責任、 教育 - の理念を開発しました。PADI の創立者であるジョン・クローニンは"次の世代の子供達が、私達と同 じように水中世界を楽しむことができることを願ってい ます。私達人類の直面している多くの問題点は、す べて私達が原因です。私達ダイバーが水中世界の保護に立ち上がらなくて、誰がやるのでしょうか?" と述べ ています。 プロジェクトAWARE の開発後すぐに、ダイバーとノン・ダイバーのための環境スペシャルティ・ コースの開発、ダイバーとダイビングのプロへの教育的な情 報の提供、他の環境保護組織に協力し世界的な 水中のクリーンナップを開始しました。環境的な理念として始まったプロジェクトAWARE は、すぐにアメ リカ でProject AWARE Foundation(米国内国歳入法第501 条(c)(3) 項に定める非課税非営利団体) という組織になりました。1992 年の非営利団体としての認可 以降、プロジェクトAWARE は、イギリス、オー ストラリア、スイスと日本に組織を設立し、世界の175 の国の水中資源の保護に努力しています。
※プロジェクトAWARE 財団の詳細については、下記ホームページをご覧ください。
プロジェクトAWARE 財団オフィシャルサイト ↓

PADI aware

TrueNorth 環境保護活動(AWARE)報告

今、私達だからこそ出来る事を。
私達ダイバー、そしてTrueNorth のフィールドはもちろん、海。
この海で楽しむ中で目の当たりにるするのは美しい自然の形だけではありません。
日々深刻になっていく水中環境の悪化問題。
TrueNorth のダイビングガイドには、「水中に落ちているゴミを必ず持ち帰ってくる」というルールがあります。
例え何もゴミが無くとも、常日頃からそういった少しの意識を持ち海中へ目を向けることで、
変わってくることはきっとあるはずだと考えます。
ダイビング前のブリーフィングでは、皆様にもご協力をお願いする事もあるかと思います。
ダイバーという誰よりも間近で海を感じることができる私達だからこそ、気づくこと、出来ることは沢山あるはず。
一人でも多くの方にご理解、ご協力いただけると嬉しいです。

環境保護活動の報告

2010/6/5
田子に約50 名のダイバーが集い、海中清掃ダイビングを行いました。
ご協力頂いた皆様、誠にありがとうございました。

TOPへ戻る